フリーローン審査に通る必勝法!これで審査も大丈夫!

フリーローン審査に通る必勝法!これで審査も大丈夫!

フリーローンの審査に通る方法は主に3つの条件を満たせば大丈夫です!

ホーム » アーカイブ

フリーローンの選び方!意外と知らない基本的な3つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 10分

<h3>フリーローンを選ぶときは何を基準にして選べばいいのか?</h3>

「今すぐお金を借りたい」
「だけどどこから借りたらいいのか分からない」

もしあなたがそんなフリーローン選びに困っているのなら、次の3つの基準を参考にして考えるようにして下さい。

<div class="boxblue">
フリーローンを選ぶときの3つのポイント!

<div class="point1">利用目的をはっきりさせる</div>
<div class="point2">サービス内容から比較して行く</div>
<div class="point3">毎月の返済額はいくらになるのか?</div>
</div>

もしあなたが真剣に上手にフリーローンを選びたいと思うなら、今紹介した3つのポイントがとても大切。

最近はカードローンの登場によって、金利や限度額の比較が簡単にできるようになりましたが、実はこれらの数字だけでフリーローンを選ぶのはとても危険。

と言うのも、金利や限度額だけでローンを比較してしまうと、あとの支払いで大変な思いをするかもしれないからなんです。

今回はそんなフリーローンを選ぶときのポイントについて解説していくので、ローン選びに失敗したくなければしっかりとチェックして下さいね!

&nbsp;
<h3>金利や限度額などの数字の比較だけでは失敗します</h3>

なぜ金利や限度額だけでフリーローンを選んでしまうと、失敗してしまうのか?

理由は色々とありますが、一番分かりやすい理由は「金利の安さ=返済額の安さ」ではないからなんです。

画像

&nbsp;
なぜ「金利の安さ」と「返済額の安さ」が繋がらないのか?

実は、カードローンで一番大きな特徴なのは、選ぶカードによって返済期間が違うという点にあるんです。

返済期間が長いフリーローンであれば最長8年も借りれますが、返済期間が短いと1年更新というものもあります。

つまり同じ100万円を借りたとしても、返済期間が8年と1年とでは、どれだけ金利に違いがあったとしても毎月の返済額に大きな差が生まれます。

この辺りの詳しい説明は、こちらにまとめたのでぜひ合わせてチェックして下さいね。

(参考!)
危険!金利の安さだけで選んだフリーローンの失敗例!(準備中)

&nbsp;

上の記事でも紹介した理由があるからこそ、金利の安さや限度額の高さだけで選ぶのは失敗しやすいんです。

では一体どうすればいいのか?

それはあなたの「利用目的に合わせたフリーローン選び」が重要になってくるんです。

&nbsp;
<h3>あなたが失敗しないフリーローンの賢い選び方</h3>

「利用目的に合わせたカードローン選び」とはどうすればいいのか?

良くある事例を紹介しながら解説して行きたいと思います。

&nbsp;

<h4>1.利用目的をはっきりさせる</h4>

利用目的でよくある例としては

<ul>
<li>生活費の立て替えに使いたい</li>
<li>冠婚葬祭や旅行費用</li>
<li>学費などの教育資金として</li>
<li>借り換えやおまとめ目的 など</li>
</ul>

こういった形で利用目的をはっきりさせてからフリーローンを選ぶようにすると、金利や限度額で比較して行くよりも、あなたの「借りたい理由」がはっきりした状態で借りることができます。

実はこの「借りたい理由」がはっきりしていた方が、次に紹介する「サービス内容」から比較して行くときにとても便利なんです。

&nbsp;
<h4>2.サービス内容から比較して行く</h4>

実は最近のフリーローン(カードローン)は、各社が生き残りを掛けて色々な独自サービスを展開するようになりました。

一例を挙げるならば

テーブルプレス
プロミス 2000円分のプリカをプレゼント
30日間無利息キャッシングができる

モビット WEB完結申込で勤務先への電話なし
三井住友銀行カードローン 口座開設なし
収入証明書なし
みずほ銀行カードローン 収入証明書なし
キャッシュカードと一体型でカード発行

&nbsp;

こんな風に、キャッシング機能だけでない色々なサービスを展開しているのが最近のフリーローンなんです。

例えば、旅行や冠婚葬祭などで一時的な出費を立て替えたい時には、プロミスの30日間無利息キャッシングが便利ですし、勤務先に電話を掛けられたくない時はモビットのWEB完結申込がおすすめ。

他にも、キャッシュカードと一体型でカードを受取りたい時にはみずほ銀行カードローンがとても便利です。

つまり、金利や限度額の高さだけで選ぶのではなく、あなたの利用目的や状況に応じたフリーローンを選ぶことが賢い選び方だと言えるんです。

&nbsp;
<h4>3.毎月の返済額はいくらになるのか?</h4>

フリーローンの選び方でもう一つ重要なのが「毎月の返済額」で比較するという方法です。

さっきも解説した通り、あなたが選ぶフリーローンによって、同じ限度額でも毎月の返済額に違いがかなりでてきます。

例えば下の図はプロミスの毎月の返済金額の例です。

2017-03-03_15h05_53.png

プロミスの金利は年率で4.5%~17.8%に設定されており、銀行カードローンと比べるとやや割高な金利に設定されています。

&nbsp;
ですが、低金利で有名なみずほ銀行カードローンの毎月の返済額は以下の図のようになっています。

2017-03-03_12h30_28.png

みずほ銀行カードローンの金利は、エクゼクティブプランで年率3.0%~7.0%と、プロミスと比較してかなり安い金利に設定されています。

ですが、実際のところ、50万円までの少額の借入であれば、毎月の返済額はプロミスの方が安いんです。

もちろんみずほ銀行カードローンの方が金利が安いので、最終的な利息の支払額はプロミスの方が多いです。

ただし、毎月の最低支払額を安く抑えておき、返せるときに多めに返して行った方が、毎月の収支も安定しやすいと思いませんか?

&nbsp;
つまり、単純な金利差だけで比較するのではなく、こうした毎月の返済額の金額でも比較しておくことが、賢いフリーローンの選び方だと言えるんです。

&nbsp;
<h3>最後はあなたが「ここがいい」と思ったフリーローンを選んで!</h3>

今回はフリーローンの選び方で失敗しない基本的な考え方を3つ紹介しました。

<div class="boxblue">
<div class="point1">利用目的をはっきりさせる</div>
<div class="point2">サービス内容から比較して行く</div>
<div class="point3">毎月の返済額はいくらになるのか?</div>
</div>

もちろん金利の安さや限度額の高さで比較することも大切なんですが、それだけで選ぶのはもったいない理由も分かって頂けたかと思います。

また最後に覚えておいて欲しい事が1つだけあります。

それは「これ"で"いい」で選ぶのではなく、「これ"が"いい」でフリーローンを選ぶようにして下さい。

最近は銀行カードローンの登場により、より多くのフリーローンが登場するようになりました。

そのおかげで、各カード会社が生き残りを掛けて、低金利や独自サービスなどを展開しています。

だからこそ、ローンの選び方としては手当たり次第に申し込むのではなく、1社1社慎重に検討して欲しいんです。

同じキャッシングというサービスであったとしても、各カードローンによって微妙に特徴があるので、その特徴の違いを上手に使いこなすようにして下さいね!

カテゴリー
最近の投稿